図書館運営に役立つ実践的で、取り組みやすいセミナーを企画いたしました。
ぜひご参加ください。

会場トーハン 本社
参加費無料
定員各50名
締切定員に達した時点で締め切らせていただきます。
お申し込み方法下記の受講するボタンよりお申込ください。
お申込は先着順とさせて頂き、お申込後、『受講票』をメールにて返信いたします。
尚、『受講票』が届かない場合はご連絡ください。
※複数名一括でのお申込はできません。参加者1名毎にご登録ください。
参加取消無断キャンセルは講師や多くの受講希望者へのご迷惑となりますのでご遠慮ください。
参加条件 展示会場でご選書(リスト作成)いただける方が対象となります。
特記事項 1つのセミナーに対して、お1人のお名前で複数の方のお申し込みはできません。
同一のお名前で複数のお申し込みがあった場合は、1名分として修正させていただく場合がございます。より多くのお客様に受講していただくため、確実に受講できるセミナーに限りお申し込みください。
お問い合わせ先 株式会社トーハン 図書館事業部 担当:土肥・清水・野島
Tel.03-3266-9539  

セミナー一覧

10/16
(水)
15:00〜16:00
セミナー名 学校図書館で新聞をどう使う? 受講する
講師 東京学芸大学 非常勤講師 NIEアドバイザー
村山正子 氏
内容 学校図書館で新聞をどう使えばいいのか、新聞の特質をふまえて考えてみませんか。小学校から公共図書館までいろいろなアイディアも紹介。
※持ち物:お住まいの地域の新聞1部(全国紙・地方紙どちらも可)
10/17
(木)
15:00〜16:00
セミナー名 がんばらない英語絵本の読み聞かせ 受講する
講師 多読・英語読み聞かせ教室「ABC4YOU」を主宰
英語絵本アドバイザー
鈴木祐子 氏
内容 日本語の絵本を読み聞かせするときの技を活かしつつ、子どもたちを英語の絵本の世界へ引き込む方法を、図書館での英語おはなし会や、読み聞かせ講座の経験豊富な講師が、具体的に紹介します。
10/18
(金)
15:00〜16:00
セミナー名 読書指導の方法を考える 受講する
講師 全国SLA学校図書館 スーパーバイザー
福田孝子 氏
内容 学習指導要領の改訂に伴い、教科書も変わりました。読書の目的でも、思いや考えを伝え合う態度を養うことが強調されています。だれでもすぐに取りかかれる読書指導の手順と方法を、一緒に考えてみませんか?
10/19
(土)
14:00〜15:00
セミナー名 学校司書の役割
~もう、読み聞かせは 止めませんか?~
受講する

満席

講師 東京学芸大学 非常勤講師
渡辺暢恵 氏
内容 2016年に公示された「学校図書館ガイドライン」では、学校司書の役割として「教育指導への支援」が明記されました。学校司書はどのように教育指導に関わればよいのか改めて考え、今後につなげましょう。
10/21
(月)
15:00〜16:00
セミナー名 『総合百科事典ポプラディア』の使い方がわかったら 受講する
講師 株式会社ポプラ社
教育コンテンツ事業推進部 様
内容 『総合百科事典ポプラディア』の使い方に慣れた児童・生徒が、そこから興味・関心を広げ、必要な場面で自らもっと活用できるようになるしかけを実際に体験していただくワークショップです。
10/23
(水)
14:00〜15:00
セミナー名 著者が解説!
「プログラミング必修化」と 「著作権教育」
受講する

残席わずか

講師 東京情報大学 総合情報学部 教授
松下孝太郎 氏
横浜国立大学 教育学部 教授
山本光 氏
内容 前半は小学校で必修化されるプログラミングについて、「スクラッチプログラミングの図鑑」の著者松下先生が、後半はスマホ時代の子供たちに対する著作権教育について「デジタル時代の著作権」の著者山本先生が、それぞれ分かりやすく解説します。